トップ 電気工事業者ナビについて お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ

電気工事業者ナビ > 電気工事の用語

電気工事の用語

軽微な工事って何?

ところで電気工事について説明した中で「軽微な工事」を除くという説明がありました。 この「軽微な工事」とは、どのような工事をさすのでしょうか。 これについても電気工事士法で明確に定められています。 「軽微な工事」とは、電気工事士法施行令第1条に規定する次の工事をいいます。 これらの工事は、電気工事士法および電気工事業法に規定する電気工事には該当しません。 まず、電圧が600V以下で使用する差込み接続器、ねじ込み接続器、ソケット、ローゼット、その他の接続器、または電圧600V以

電気工事の用語の記事

電気工事の用語のカテゴリーには以下の記事がリストされています。

ぜひご覧ください。

軽微な工事って何?

軽微な工事って何?

ところで電気工事について説明した中で「軽微な工事」を除くという説明がありました。 この「軽微な工事」とは、どのような工事をさすのでしょうか・・・


電気工事の用語

電気工事の用語

電気工事について、厳格な規定があることを初めて知った方もいるかもしれません。 なかには、ちょっとした照明器具でも、設置するには電気工事士の・・・


電気工事とは?(1)

電気工事とは?(1)

そもそも電気工事とは、どのような工事なのでしょうか。 これは電気工事士法によって定められています。 その第2条第3項に規定する工事が電気工・・・


電気工事とは?(2)

電気工事とは?(2)

次に、自家用電気工作物(=最大電力500kw未満の需要設備)の工事について述べます。 これには、特種電気工事と簡易電気工事があります。 ま・・・


電気工事業者とは

電気工事業者とは

電気工事業者に就職する、あるいは電気工事を行える電気工事業者として独立したい、そのように考えている方もいらっしゃるでしょう。 ここで、少し・・・


今日のお勧め記事 ⇒ 蓄電池設備工事

大型ビルや工場では消火栓、自動火災報知設備などの非常用電源に蓄電池が使われることもあります。 蓄電池設備は、通常は充電状態にあり、供給電源が遮断されると放電状態に切り替わります。 非常用電源としての蓄電池設備の用途は様々で太陽光で発電した電力の蓄電や非常用発電設備のスタートアップを補う電源として使用されることもあります。 この蓄電池を設備する工事が蓄電池設備工事です。 この蓄電池や発電機を内蔵して、停電時においてもしばらくの間、コンピュータ等に電気を供給する装置を無停電電源

電気工事業者ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。