トップ 電気工事業者ナビについて お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ


電気工事業者ナビ電気工事のあれこれ > 照明器具

照明器具

照明器具の画像

照明器具は、DIYショップなどでも販売されているため、案外、知られていませんが、一般の人には取り付け工事ができない照明器具があります。

照明器具を選ぶときには、必ず取り付けについても確認するようにしましょう。

例えば、これから紹介するような商品の一部は、電気工事士の有資格者でなければ取り付けを行うことができません。

取り付け工事を行う場合には、専門店や工務店、電気工事店に相談しましょう。

まずブラケットと呼ばれる壁付け照明は電気配線を直接器具に接続する電気工事や器具本体を壁面に固定する作業が必要で専門家でなければ取り付けができません。

また埋め込み型のダウンライト、フットライト、ベースライトなどの照明も電気配線を直接器具に接続しなければなりません。

また天井や壁面への穴あけ作業も必要です。

したがって一般の方に工事はできません。

また電源の接続位置と本体を吊り下げる位置が違うタイプの照明、ワイヤー吊りペンダントや本体が上下に動くリーラー式のペンダントも電気配線を直接器具に接続する電気工事が必要です。

さらに吊り下げる部分をしっかりと補強しなければ危険なため、専門家による工事が必要です。

チェーン吊りやワイヤー吊りのペンダントで簡易取り付けと明記されていない場合には専門家に任せましょう。

またキッチンの天井につける蛍光灯タイプのベースライト、洗面化粧台やキッチンの壁面などで手元を照らすために取り付ける手元灯、バスルームのなかで使用する器具は、電気配線を直接器具に接続することが必要ですし、天井面、壁面にビスを打ち込み、しっかりと固定する作業も必要なため、これらも専門家による取り付けとなります。

天井直付けのシーリングライトもワンタッチ取り付けといった明記がない場合には、専門家に頼みましょう。

玄関や廊下に取り付けるタイプの小型シーリングライトもワンタッチ取り付けなどの明記がない場合、専門家に取り付けを頼みましょう。

さらに吹き抜け天井に取り付ける照明器具やシーリングファンも専門家にお願いしましょう。

電気工事業者ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 発電機設備工事

発電機設備工事は、非常用発電設備工事と常用発電整備工事の2種類があります。 消防法等の法律で、一定以上の規模を持つ建物、大勢の人が集まる場所等については排煙設備などの電源を確保するために非常用発電機の設置が義務付けられています。 その他、停電などが起こると重大な損失をうける半導体や電子部品の製造工場や、銀行等のオンラインシステムのバックアップ電源としても非常用発電設備が設置されています。 この工事ではまず発電設備の設置工事を行います。 発電機の駆動源としては、ディーゼルタイ

電気工事業者ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。