トップ 電気工事業者ナビについて お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ

電気工事業者ナビ広島県 > 能美防災株式会社広島支社

能美防災株式会社広島支社

能美防災株式会社広島支社

私たちは防災システムを通じて安全と安心をお届けします

●主な防災設備
・火災報知設備
・消火設備
・各種防災機器(消火器等)
・住宅設備

防災のことなら何でもお気軽にご相談下さい
TEL 082-510-1122(営業) 082-510-1136(保守点検)
<ISO9001・ISO14001 認証取得 三鷹工場 メヌマ工場>

能美防災株式会社広島支社:DATA
所在地〒732-0044
広島県広島市東区矢賀新町4丁目5-26
TEL082-510-1122
FAX082-510-1137
URLhttp://www.nohmi.co.jp/
お取り扱い業種電気工事業者、火災報知機工事、消火設備工事、消防用設備点検、消防用設備保守、消防用設備・用品・保守点検、電気工事、防犯用設備・用品
営業時間など09:00~17:30休業日/土曜、日曜、祝日
駐車場有 
アクセス(最寄駅)
○JR山陽本線・天神川駅徒歩2分
(バス)
○キリンビール前停留所・徒歩2分
(車)
○県道84号線 矢賀新町5丁目信号から1分
(その他)
●ソレイユの前の通り
お役立ち情報

能美防災株式会社広島支社の地図

広島県広島市東区矢賀新町4丁目5-26 (Sorry, this address cannot be resolved.)

電気工事業者・能美防災株式会社広島支社の詳しい情報です!

―NOHMIの活躍するフィールドは無限大です―
能美防災は関東大震災を契機に、大正13年の創業以来、常に「もしも」を想定し、自動火災報知設備や消火設備をはじめとする各種防災システムを通じて社会の安全に貢献しています。
オフィスビル、アメニティ空間、プラント、トンネル、文化財、船舶、住宅など、私たちの暮らしに欠かすことのできない各種施設へ、最適な防災システムをご提供すること。防災のパイオニアである能美防災の活躍するフィールドは、防災ニーズが多様化・高度化しつづける現代社会において、ますます拡大を続けています。

―商品紹介―
◆ビル・地下街防災
高度に進化した現代の都市空間において、建物はますます高層化、高密度化、複合化しています。
このような環境のなかで、ノーミの防災システムは万一の火災時において大切な人命や財産を守るため、常に先進のクオリティでお応えしています。

・自動火災報知設備(火災受信機・煙感知器)
・誘導灯設備(避難口誘導灯)
・スプリンクラー設備(スプリンクラーヘッド)
・大空間防災システム(側壁型散水ヘッド)

◆住宅防災
日々の生活の基礎である住宅。快適な生活は、安全という要素があるからこそ成り立つものです。
ここでもノーミの防災システムは活躍。本格的な高齢化社会の到来により、その重要性はますます高まっています。

・住宅用火災警報器「まもるくん10」(音声式)
・ホームスプリンクラー
・住宅情報盤「クオスティ」カラーモニター付

◆メンテナンス(CS点検)
ノーミがご提案するCS点検のCSとは、お客様の満足と安全・安心を第一とした、自信を持って提案する点検の総称です。
人命を守るという理念から、防災業界のリーディングカンパニーとして、付加価値をつけた一歩先の点検を目指しています。

◆プラント防災
エネルギー供給などをはじめ、現代社会になくてはならない各種プラント。
安全に対して常に細心の注意が必要なこれらの施設において、ノーミの防災システムは必要不可欠なものとなっています。

・高発泡泡消火設備
・粉末消火設備(放射ノズル)
・大空間防災システム(放水砲)
・水幕設備

◆ドライミスト
ドライミスト・・・・人に、都市に、地球に涼しさを。
ドライミストは、地球温暖化対策・ヒートアイランド対策に貢献し、「涼・爽・快・清」を提供します。
噴霧エリアの気温をおおよそ2~3℃低下させる効果が期待できます。

電気工事業者ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 特種電気工事資格者とは

第1種電気工事士免許さえあれば、どんな電気工事でも行えるかといえば、そうではありません。 電気工事士法によって、自家用電気工作物(最大電力500kw未満の需要設備)のなかでも、ネオン設備や非常用予備発電装置の工事は「特種電気工事」といわれ、ネオン工事資格者認定証、非常用予備発電装置工事資格者認定証がなければ工事を行うことはできません。 特種電気工事資格者認定証を取得する方法は2通りあります。 まず第一の方法は、電気工事士の免状を取得した後に、財団法人電気工事技術講習センター

電気工事業者ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。