トップ 電気工事業者ナビについて お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ

電気工事業者ナビ > 電気・設備工事

電気・設備工事

空調設備工事

建物内で快適に過ごすためには、適切な空調設備が不可欠です。 この空調設備のための工事が空調設備工事です。 空調設備工事は、空調機器設備工事と空調配管設備工事に分けられます。 空調機器設備工事においては、省電力・低環境負荷に繋がるECO商品などへの交換もよく行われています。 空調設備を新設する場合には、ビル、工場、一般住宅などの用途、建物の規模、想定人数、温度環境などを考慮して、最適な空調設計を行う必要があります。 また空調設備は、案外目立つため、店舗や出入りの多いビルなどで

電気・設備工事の記事

電気・設備工事のカテゴリーには以下の記事がリストされています。

ぜひご覧ください。

空調設備工事

空調設備工事

建物内で快適に過ごすためには、適切な空調設備が不可欠です。 この空調設備のための工事が空調設備工事です。 空調設備工事は、空調機器設備工事・・・


蓄電池設備工事

蓄電池設備工事

大型ビルや工場では消火栓、自動火災報知設備などの非常用電源に蓄電池が使われることもあります。 蓄電池設備は、通常は充電状態にあり、供給電源・・・


高圧設備工事

高圧設備工事

高圧設備工事の代表的なものには、引き込み設備工事と受変電設備工事があげられます。 引き込み設備工事は、電力会社から電力供給を受けて、引き込・・・


発電機設備工事

発電機設備工事

発電機設備工事は、非常用発電設備工事と常用発電整備工事の2種類があります。 消防法等の法律で、一定以上の規模を持つ建物、大勢の人が集まる場・・・


共通工事

共通工事

電気工事には、一般家庭に関わる工事から、工場設備、大規模ビルの電気工事など大規模な工事まで様々な工事があります。 私たちが日頃、手にしてい・・・


今日のお勧め記事 ⇒ 電気工事業者の登録とは?

一般用電気工作物、または自家用電気工作物にかかる電気工事を営むためには、電気工事業法の規定に基づいて、経済産業大臣または都道府県知事に登録等をする必要があります。 ここでいう一般電気工作物とは、一般家庭、商店等の屋内配線設備等が該当します。 より詳しく言えば、電気工事士法第2条第1項に規定する一般用電気工作物のことをいい、すなわち電気事業法第38条第1項に規定する一般用電気工作物=600V以下の電圧で受電して、その受電場所と同一の構内で電気を使用する電気工作物をいいます。

電気工事業者ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。