トップ 電気工事業者ナビについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ

電気工事業者ナビ電気工事の用語 > 電気工事とは?(1)

電気工事とは?(1)

電気工事とは?(1)の画像

そもそも電気工事とは、どのような工事なのでしょうか。

これは電気工事士法によって定められています。

その第2条第3項に規定する工事が電気工事にあたります。

具体的には一般用電気工作物、あるいは自家用電気工作物を設置し、あるいは変更する工事をいうことになります。

ただし政令で定められた「軽微な工事」については電気工事には含まれません。

また、家庭用電気機械器具の販売に付随して行う工事も除かれます。

さらに詳しく述べると、電気工事とは、一般用電気工作物のうち、最大電力500kw未満の需要設備(これが、自家用電気工作物です)を設置・変更・撤去する工事ということになります。

一般用電気工作物および自家用電気工作物に係る電気工事において資格を必要とする作業と、その作業に従事できる資格を整理すると以下のようになります。

まず一般用電気工作物について述べます。

・電線相互を接続する作業。

・がいしに電線を取り付ける作業。
・電線を直接造営材等に取り付ける作業。・電線管、ダクト、線樋等に電線を納める作業。

・配線器具を造営材等に取り付ける、あるいはこれに電線を取り付ける作業(ただし、露出型点滅器又は露出型コンセントを取り替える作業は除きます)。

・電線管を曲げ、あるいは、ねじ切りし、又は電線管相互、あるいは電線管とボックス等を接続する作業。

・ボックスを造営材等に取り付ける作業。

・電線、電線管、線樋、ダクト等が造営材を貫通する部分に防護装置を取り付ける作業。

・金属製の電線管、線樋、ダクト等を、建造物のメタルラス張り、ワイヤラス張り、金属板張りの部分に取り付ける作業。

・配電盤を造営材に取り付ける作業。

・接地線を電気工作物に取り付け、接地線相互、あるいは接地線と接地極とを接続し、または接地極を地面に埋設する作業。

・600Vを超えて使用する電気機器に電線を接続する作業。

・これらの電気工事は第1種電気工事士、第2種電気工事士であれば行えます。

・また旧電気工事士も第2種電気工事士とみなされ工事を行えます。

電気工事業者ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 電気工事士について

電気工事を行うためには、電気工事士の資格を持っている必要があります。 電気工事士とは、電気工事士法によって規定されています。 電気工事士法は、「電気工事の作業に従事するものの資格および義務を定め、もって電気工事の災害の発生の防止に寄与することを目的とする」と定められています。 電気工事には危険が伴います。 電気を扱えば、感電や、漏電による火災などのリスクが発生します。 そのため電気に対して専門的な知識や技能を持った人が電気工事を行う必要があるのです。 そこで法律によって、電

電気工事業者ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。