トップ 電気工事業者ナビについて お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ

電気工事業者ナビ電気工事のあれこれ > 太陽光発電

太陽光発電

太陽光発電の画像

地球温暖化の進行を食い止めるためにCO2削減は世界的な課題になっています。

省エネルギーに資することは、個人の生活ベースでも実行したいと思っておられる方は多いでしょう。

そのひとつの手段に生活に太陽光発電をとりいれることが考えられます。

太陽電池パネルを家の屋根などに設置することによって発電し、家庭で使う電力は太陽光によってまかなおうという試みです。

行政による設置補助などもあって、すでに多くの住宅で取り入れられています。

この太陽光発電のシステムの設置も電気工事の一種です。

太陽光発電システムを取り入れようと考えるなら、一般的な知識くらいは身につけておいたほうがよいでしょう。

その方が、設置事業者との話もスムーズです。

そのためにはインターネットを活用して太陽電池のメーカーや設置業者のホームページを見てみましょう。

またいろいろなメーカーのカタログを手に入れるのもよいでしょう。

また太陽光発電の展示会やイベントに参加してみましょう。

すでに設置しているひとが身近にいればぜひお話を聞かせてもらいましょう。

また自宅の屋根にどのようなシステムがおけるかを知っておくことも重要です。

太陽光発電では、屋根の面積、形状、方位、傾斜などは発電量に影響します。

また光を遮る樹木や建物がないかどうかにも注意を払いましょう。

太陽光発電のシステムを設置する工事は大きく二つに分かれます。

太陽電池モジュールなどの機器を取り付ける機器設置工事と取り付けた機器の電気配線を行う電気配線工事です。

一般には、まず屋根に太陽電池のモジュールを設置するための架台を取り付けることから始まります。

そしてその架台の上にモジュールを設置します。

太陽電池で発電した電流は直流です。

これを電力会社と同じ交流の電気に変換する機械を取り付けます。

さらに発電量や環境低減効果を表示するモニターを取り付けます。

そして売電用と買電用の2種類の電力量計を取り付けます。

そして電気配線工事を行います。

電気工事業者ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 高圧設備工事

高圧設備工事の代表的なものには、引き込み設備工事と受変電設備工事があげられます。 引き込み設備工事は、電力会社から電力供給を受けて、引き込み点から高圧ケーブルを敷設、受変電設備までの電力引き込みを行う工事をいいます。 引き込み点は架空であれば電力会社から電柱・引き込み金物を介し、PAS(屋外用高圧気中負荷開閉器)にて電力の引き込みを行います。 PASから受変電設備までの高圧ケーブル敷設については架空や地中埋設、露出配管など多くの手法があります。 主要な取り扱い機材・資材は、

電気工事業者ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。