トップ 電気工事業者ナビについて お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ

電気工事業者ナビ電気工事のあれこれ > コンセントの増設

コンセントの増設

コンセントの増設の画像

家を新築するときには、家具の位置や部屋の使い方などから適切なコンセントの数と位置を決めて工事にかかりますが、生活するうちに、電化製品は徐々に増え、家具がコンセントを隠してしまうなど、コンセントの位置を変えたり、増やしたりしたいと思うことも多くなります。

遠くからACコードを引っ張るのも危険ですし、できれば思い切って、現在のライフスタイルや、家具、電化製品の数、使い方などを考慮してきちんとした計画の下、コンセントの数を増やしたり、位置を変えたいと思う方も多いでしょう。

基本的にコンセントを増設するのはそれほど難しい工事ではありません。

もちろん配線は壁の中などにいれる必要がありますから、ある程度、余裕が必要です。

またクロスの張替え工事なども必要な場合があるでしょう。

古い家屋で土壁などの場合やマンションなどでコンクリート壁などの場合には、床にコンセントをつける方法もあります。

照明器具などがついている場所の近くなら、比較的簡単にコンセントを増やすことができます。

配線を壁の内側にせず、外でも端を這わせて目だなくするような程度なら、すぐに工事はできてしまいます。

またコンセントの数を増やすと、固定資産税が高くなるという俗説があるようですが、実際には、そのようなケースはほとんどありません。

税金のことを考えるより、生活上の利便性を優先するほうがよいでしょう。

コンセントを増設する場合、どの程度の容量が必要になるのかも考えて、電気屋さんに相談するのがよいでしょう。

特にエアコンや大型暖房器具、電子レンジなどの利用を想定しているような場合には、事前に電気屋さんに相談するとよいでしょう。

ブレーカーからひいたり、場合によっては回路を増やしたりすることで対応できます。

またたとえ簡単な工事でも電気工事を行うためには資格が必要です。

自分で電気工事をして事故を起こすといったようなことがないように、電気工事は必ずプロにまかせましょう。

電気工事業者ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 軽微な工事って何?

ところで電気工事について説明した中で「軽微な工事」を除くという説明がありました。 この「軽微な工事」とは、どのような工事をさすのでしょうか。 これについても電気工事士法で明確に定められています。 「軽微な工事」とは、電気工事士法施行令第1条に規定する次の工事をいいます。 これらの工事は、電気工事士法および電気工事業法に規定する電気工事には該当しません。 まず、電圧が600V以下で使用する差込み接続器、ねじ込み接続器、ソケット、ローゼット、その他の接続器、または電圧600V以

電気工事業者ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。