トップ 電気工事業者ナビについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ

電気工事業者ナビ電気工事のあれこれ > 防犯カメラ

防犯カメラ

防犯カメラの画像

住まいに防犯カメラを取り付けたいと考える方が多くなっています。

近くで実際に空き巣や下着泥棒などの被害があれば、より強くそう思われることでしょう。

防犯カメラの取り付け工事も専門事業者に頼むのがよいでしょう。

まずは防犯カメラをどのような目的で取り付けるのかによっても、取り付ける位置や手法が変わってきます。

例えば、犯罪の抑止力を期待するなら、防犯カメラはよく見えるところに設置する必要があります。

逆に、しばしば何らかの被害にあうために、犯人を特定する目的でつける場合や、監視カメラ的に利用するなら、カメラの所在がわからないようにつけるのが基本になります。

このようなことは防犯カメラの種類を決定するときに、専門家に相談すべき問題です。

設置場所は、玄関、室内、軒下、雨に濡れる屋外など、様々なケースがあり、その場所や機種によって、工事の手法も変わるでしょう。

さらに設置する建物が、鉄筋コンクリートであるのか、木造か、あるいは一戸建てか、集合住宅かなどによっても配線などの方法が変わってきます。

さらに設置台数やモニターが必要かどうか、録画装置の有無、録画装置は何にするかなども検討しましょう。

また場合によっては、防水やマイク、インターネットへの接続なども検討事項になります。

防犯カメラを取り付ける場合、だいたい次のような手順で工事が行われるでしょう。

まず防犯カメラや監視カメラを取り付ける位置を決めます。

そして配線やねじ止めのために穴を開けます。

次に映像線、電源線、電源用アダプターの取り付け位置を確認します。

ケーブルなどは建物の美観に非常に影響します。

そのため天井を這わせる、壁にモールで固定するなど、あらかじめどのように配線が通るかを事前に十分検討しておく必要があります。

次に防犯カメラや監視カメラを固定するための台であるブラケットを設置します。

そしていよいよカメラの本体をブラケットに取り付けます。

カメラの向きや角度に注意しておく必要があります。

そして映像用、電源用の線を固定して接続、映像の確認を行います。

電気工事業者ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 軽微な工事って何?

ところで電気工事について説明した中で「軽微な工事」を除くという説明がありました。 この「軽微な工事」とは、どのような工事をさすのでしょうか。 これについても電気工事士法で明確に定められています。 「軽微な工事」とは、電気工事士法施行令第1条に規定する次の工事をいいます。 これらの工事は、電気工事士法および電気工事業法に規定する電気工事には該当しません。 まず、電圧が600V以下で使用する差込み接続器、ねじ込み接続器、ソケット、ローゼット、その他の接続器、または電圧600V以

電気工事業者ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。